おすすめ!洗濯ばさみで小鼻を小さく!整形並みに鼻を高くする方法

 

 

鼻を高くする方法でおすすめなのが、洗濯ばさみを使って軟骨を固定する方法です。
鼻にある骨は軟骨なので軟らかく、人間の軟骨は一生涯成長し続けます。

 

鼻を高くする方法を定期的に行えば軟骨の形や高さを変えることができ、理想の鼻を作ることが出来ます。

 

洗濯ばさみは小さなものではなく、バスタオルなどを干すときに使う少し大きめのものを用意します。小さいタイプのものは小鼻に入れることが出来ないので、自分の鼻のサイズに合っているものを使います。

 

それを小鼻に少し上向きになるように、しっかり挟みます。上向きにしないと鷲鼻のようになってしまうので、高さを出すためにも気持ち上向きにします。

 

挟んだときに痛みを感じるときにはティッシュペーパーを挟んで、そのまま5分間だけ口呼吸で待ちます。初めは息苦しさを感じることがあるので、少しずつ挟む時間を増やすようにします。

 

普段の生活では鼻呼吸を心がけて、鼻の穴が大きくならないようにします。
市販されているグッズよりも費用を抑えることが出来るので、気軽に始めることが出来ます。